--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-30(Sun)

Vitzはファッションの一アイテムになったのか

流行に疎い私が解説するのもなんじゃが、9月にTGC(東京ガールコレクション)というイベントがあって、今若い女の子に人気のブランドが集結し、ブランドの垣根を越えてコラボレーションで服を作ったそうで相当大胆な試みのイベントのようである。

さてそこでVitzの話題である。一瞬「なんで話がそこにいくわけ?」となるところだ。かくいう私も最初「なぬ?」と思った。しかし、大方の人々の常識をくつがえすのが、このイベントの意図の一つなのか、なんと服どうしのコラボで飽き足らずファッションと車のコラボレーションをやってしまったのだ。
つまり、コラボレーションで作ったファッションにあわせたVitzを作れということらしい。発想がまったくもって型破り。服を核にファッションが主で、車の方が従という考え。しかし、それに応えちゃったのがVitzというわけだ。

とはいえ車はその構造を変化させることは無理だ。Vitzはもともと形が女の子受けするかわいい形だったからこそ、この無謀と思えるコラボレーションを受けることができた、という背景はあると思う。蛇足だが、男の人がVitzを運転するのは、わたしには許容範囲の外だ。あくまでもどこまでも、私的な感想である、うん。
ちょっとはなしがそれぎみになったか。さて形を変えることができないなら、どうやってTGCのVitzをつくればいいのか?答えは色だtった。TGCのファッションの一アイテムにふさわしい15色のTGCカラーとでもいうべきVitzがラインナップされたのである。

あなたを一番際立たせるVitzの色をどの色ですか?
さて運転できない私ではあるが、どの色が私色?

さて。実は義母はVitzを所有している。運転免許できない嫁よりずっと活動範囲も広い。そんな義母の愛車にのせてもらうことも多く(やっぱ普通と逆だよなぁ)、そんな時は他愛ないおしゃべりがドライブの間中続く。あとで、何を話したもんだろと思い出そうにも他愛なさすぎて、ほとんど覚えていない。たまたま同乗した旦那(前述したが男性がVitzの運転してるのは私的に許容範囲外だが、同乗はぎりぎり許容範囲であると書いておく、旦那がVitzに乗れなくなるのはそれはそれで困るからな←身勝手)が、あきれたように「よくもまぁ、どうでもいいこと次から次へとベラベラベラベラしゃべるもんだな」とあきれたように言った。流れる風景の中でどうでもいいこと、おしゃべりしてドライブするのっていい気分転換になってるのに気づかないのだよ。今度またその指摘繰り返したら乗車拒否してやるからね!>旦那(義母の車だけど)

この記事はプレスブログからのリリース情報です
スポンサーサイト
2007-09-30(Sun)

この半年の株話

さて「ほぼ持ってるだけ」とゆうてる割りに、この半年ほど我が家の株は我が家比で激しく変動した。
まず、商船三井の株とついにお別れした。あの後くる激震の株相場の前の牧歌的な雰囲気のなか、上昇中だった商船三井を売ったのは、ちょうどそれぐらいの資金が必要だったから。
厳しい十数年の含み損の時代を乗り越えた株との別れは、いささか寂しいものがあったが、利益をだして約定したのであった。
その後、プライムローン問題にたんを発した株市場の混乱の中、持っていた株の評価損はふくらみ続け、一銘柄ナンピンするも失敗。しかし、それでも学ばない私はさらに高額な株のナンピンを決意する。
入金が完了していよいよ株購入できるようになったとき、久々の大型取引きは私の判断を狂わせたのだろうか。
日本電子を買うつもりだった。すでに平均購入価格の六割ほどになってたからナンピンするしかないと思った。お得感でいっぱいの価格にしか見えなかった。
そのはずなのに、同じ価格帯で買える株をちょっと見たらば「デンソー」がちょこんと並んでいた。
デンソーって世界のトヨタになってしまった巨大企業と大の仲良しのデンソーでしょ?うっそ、この価格で買える株だったわけぇ?しかも日本電子よか安いやん(その日比)。
頭にちがのぼり浮かされたようにわたしは、日本電子でなくデンソーの株を買ってしまった。ボタンを二度ほどクリックすれば簡単に買えちゃう怖さよ。デンソーの株主になっちまったですよ、それが良いのか悪いのかわかるのは、この先の話だもんな
2007-09-29(Sat)

時計

男って時計が好きだ。
といっても知ってる男が旦那だけだから、サンプル数が少なすぎるといわれれば反論しようがないが。
私が小さかった頃、日本の時計メーカーはヨーロッパの有名な時計メーカーと熾烈にシェア争いをしていたような気がする。オリンピックをはじめとして全世界に配信されるスポーツ番組でシチズンが蛍光掲示板で時を刻むのをみると、子供心に誇らしい気分だった。
その光景もしばらくテレビにうつらなくなった。

そのシチズンがついに動き出すのだろうか。福山雅治さんをイメージキャラクターにするのだという。彼からイメージできる時計。高品質の精密機械をシンプルな外枠で覆ってる、そんな感じ。
そしてシチズンの本気を感じるのがフリーペーパー『REAL SCALE(リアルスケール)』という時計をテーマにしていて季刊というから一年に四回ほど、そうそうたるコラムニストが時計や時を語るんだそうだ。シチズンはコラムニストたちの主張をうまく福山雅治というイメージにマッチングさせることができりのだろうか。
日本の時計が面白くなる、そのコピーに私も期待したい。
今、外国の高級時計が店内のショーケースを占領しているが、シチズンの新しいコンセプトの時計が巻き返してほしい。そして、近い将来、旦那がシチズンのショーケースにへばりつくようになったら、旦那の誕生日のプレゼント候補にしなくちゃならない日もくるのかな。となると、お手ごろ価格帯のラインナップも忘れないでね、シチズンさん

この記事はプレスブログからのリリース情報です
2007-09-28(Fri)

ハイスイ島は知らんかった…

あの歌とも節ともつかぬ、♪くるり~んくるり~んくるり~ん、ポイ♪のCMと言われたら、もう言うなっ、、頭から離れなくなるんじゃ!とかみつきたくなる、あの微妙な雰囲気は何から発生してるのだ?
あれだけでもキョーレツなのに、くるりんポイ排水口のサイト上ではハイスイ島ってのが存在してそこにいろんな、かわいいといえばかわいい、脱力するといえば脱力するキャラクターが存在しているのだ。
知らなかったよ、ハイスイ島。そして知ってしまった今、サイト画面の前で笑っちゃってしかたない自分がいる。ハイスイ島でっか。カタカナにできる日本語いいな、ハイスイがさわやかにきこえるから不思議だ。
そして今ハイスイ島のキャラたちはサイトから飛び出してブログパーツとして私達のブログにやってきたのである。
毎日ひとつづつキャラをゲットできるらしいが、サイトの最初に登場するかわいい女の子は、フェイントだ。きっとキャラ集めるにつれてシュールな世界になっていくに違いない。

「情報元:buzzmo」
2007-09-27(Thu)

レビューブログのこと

このブログ自体は書き始めてまだ長くないが、以前メールマガジンをやっていたことがあって、そのとき文章を書くことの影響を肌で直接感じた。一生懸命書いても、つまらない文章にしかならないときがある。それでも自分の書いた文章をそのまま捨てられず、メルマガに流すととたんに読者が減っていった。そもそもがマニアックなテーマのメルマガだったから、登録してくれてる読者自体少なかったのに、その貴重な読者の方々に見切りをつけられるのだ。
逆にのりのり(古っ)で書かずにはおられないという勢いのあるときのメルマガには反響は多いし、読者も増えるし、といった具合だ。

最近、ブログクチコミでヒットする商品が増えてきているそうで、ビジネスモデルの一つとして経済系のニュースも取り上げていたのを私自身も観た(一応このブログが株話を主要テーマにしているぐらいだし(笑))。ネット上の文章が人々に影響を及ぼすことをメルマガ発行時体験しているだけに、このニュースは興味をひかれた。
ニュースになって初めてネット上の流行を知ることは、ネットのヘビーユーザーとしては、由々しき問題であるが、もともとネット以外でも流行に疎いから、仕方がないのだ(と開き直る)。
話がそれた。そのニュースを観たあと、私はネットを徘徊しているなかで、ニュースで観たタイプのサイトにぶちあたった。そのひとつがレビューブログである。このサイトの気持ちよいところはそのサイト名である。変にクチコミであることを隠さない。
宣伝であることを伏せることを条件にしているサイトもあるけれど、コマーシャルなら正々堂々コマーシャルと謳っている方が、良いと感じるものをありのまま自然体で書いていけるのではないかと思う。
更に、レビューしたい項目があったときに自分で選択してレビューできるというシステムであることは、そもそもお気に入りの商品だったりサイトだったりサービスをテーマに書くわけで、それを書くことが報酬に繋がるなら、ネットで書き続ける力にもなる。
そういうわけで、私は、このサイトが気に入って入会させてもらうことになって、こうしてこのサイトの宣伝文を書いているわけだ(笑)。ブログをお持ちの方で、続けるのが苦痛になり始めたり放置したりしているなら、レビューブログは、書くきっかけになると思う。実際、私がそうだから、なんだが。
訪問者数も少ないし、このブログ自体宣伝してないのに他サイトのクチコミしたところで効果あるのか?というちいさな疑念はある(いや小さくないってば)が、何かのきっかけでこの文章を目にしてレビューブログというサイトに興味を持ってもらえる人がいたら、嬉しいと思う。

と、言うわけで今回のクチコミはこちら→レビューブログでしたっ!

2007-09-25(Tue)

今はまってるものー雑穀栽培

私は花が満開だろうが紅葉がどうなろうが、感動もしなければ、人にいわれるまで気づきもしない。旦那も五十歩百歩だ。
そんな夫婦に花大好き、ガーデニング命の義理母は「情緒のない夫婦」だと言っては嘆いていた。
そのガーデニング命の義両親が去年の夏、二ヶ月ほど留守をした。そして、その義母にはもう一つ趣味がある。バードウォッチングである。大好きな自分の手入れした庭に餌台をおき、食べに来る鳥を眺めて楽しむのである。ところが嫁は、野鳥には何の興味もないが、インコが大好きで飼ってるという、微妙なずれの嫁姑であった。
さて、義理両親の留守の間、思わぬ現象が起こったのである。野鳥が食べ散らかした餌からはえた雑草がそのまま、義母が留守でひっこぬけなかったので、かつ庭いじりに興味ゼロのわたしが雑草を抜くなどということをするわけもなく、育って実をつけたのだ。当たり前だが、それは鳥の餌である粟やヒエという雑穀であった。
植物には興味はないが雑穀はインコの餌なので話は別である。何もしなかったのにインコの餌が育ってしまった、感動である。実った粟はひかえめだったがおいしそうな色形で飼ってるインコにやったら大喜びで食べてつくした。
それを見て私は思ったのだ、雑穀を育てよう。
義理両親の家には畑があるが我が家にはそんなものは存在しない。
翌年(つまり今年)の春、私は義理家が半日留守にする日を狙い撃ちして、畑の三分の一ほどを耕し、用意しておいた雑穀の種を即座に蒔いてやったんである。蒔いちまえばこちらのもの、帰宅した義母を愕然させてやったのである、わっはっは。
こうしてゲリラ的に畑に蒔かれた雑穀たちはすくすくと育ち、私は初めて植物の成長に喜びを感じた。ついでに欲もでてきた。もっとたくさん作って鳥飼いに売ったらどうだろう?これはいい考えだ、自分ちのインコも喜びついでに金もうけまでできるぜ、ふっへっへ。そこでまた義理親が手付かずにしていた場所(全て義理親頼みというのが情けない話ではある)を畑にすることに勝手に決定し、一応地主である義理両親に報告したところ、あきれつつも許可がおりたので早速開拓にとりかかっている。
石と雑草(この場合の雑草とはインコの食べない実をつけるものをいう)の根に阻まれ、耕作は遅々としてすすまない。いにしえの人々もこんな苦労をして畑を広げたのだろうかと流れる汗に思いは過去へ飛んでいく。
開墾作業は苦労の連続であるけれど、畑に蒔いた雑穀たちが実をつけて収穫も始まった。その収穫が楽しくて、つらい開拓作業も奇跡的に続いてる。来年はつらかった開拓した土地に実りがあふれるのだ、ああ、ううとり。
この段階で雑穀栽培にすっかりはまって、最初の目的であるインコの存在感が薄くなってしまったと思われるかもしれぬが、収穫した雑穀を乾燥させず、生のまま与えて、インコたちも新しい食感との出会いを果たしているので、心配無用である。
鑑賞するだけの花には今もまったく興味はないが、実りのある雑穀はおそらく数年はどっぷりはまることになるだろう。
何せ役三年後には持ち上がってくるであろう連作障害に心配まで今からしているのだから。

私には鳥の餌にしか見えないが、今の健康ブームの中心的存在の雑穀を食べるだけでなく育てるところから始めてみるのも楽しいのではないでしょうか。(と一応皆さんにもオススメしておこう)
2007-09-21(Fri)

WEBデザイナーの学校を資格・スクールナビで探す!

バズモからブログ筆者に与えられたテーマでブログを書くことで、報酬ポイントをもらえます。それを踏まえたうえで、以下、私の雑感を読んでいただければ幸いです。

私はサイトをデザインしたり作成する学校に行ったことがなく、自分のサイトはインターネットの中から学びました。いわゆる自我流です。ゆえにタグ打ちも表を作ってサイトの構成をするのが精一杯でした。そんなことしているうちに、WEBデザインもコンピューター同様ものすごい早さで進歩変化していきました。そういうITの初動期を体験した世代です。
気流にのれる能力があればWEBデザイナーになることも夢ではなかったかもしれない。
でも時代とテクニックはすでに私の理解できるタグ打ちの世界からはるか高いレベルに行ってしまったです。実際、かっこいいサイトをデザインする、あまっさえ、プロを目指すなら、自己流ではたちうちできない、それだけはわかります。クライアントはタグ打ちの知識もないかもしれません、しかしサイトを依頼するということは、漠然としたイメージを持っていると思うのです。そのイメージをデザイナーが的確に具現化する作業は、テクニックやコツが必要になってくると思うのです。

WEBデザイナーも目指すなら、自己流ではなくきっちり基礎からクライアントの要求を満足させる形にもっていくことを教えてくれる学校で学ぶことを目標のための第一ステップにすることも現在では必要なのかもしれません。
でも、せっかく行く学校なら、自分に合った学校で存分に学ぶべきだと思うのです。だから、ほんとに最初のきっかけに、学校の比較サイトを活用し、資料を取り寄せたり、各学校の違いを比較するのは、悪いことではないと思います。

専門的に学んだことがない私にとって、つっこんで語る資格はないですが、WEBデザイナーの夢を持ちつつ悩んでいるなら、最初のきっかけをつかめるのが、WEBデザイナーの学校の比較サイトであるのかもしれません。そのきっかけのひとつがここかもしれません。
http://www.careerup-navi.jp/works/webdesigner/
「情報元:buzzmo」



2007-09-19(Wed)

その後の株話

ソフトウエアの株の自慢話買いてから、思えば随分たちました。
小型株だけあって、ちょっとした関連記事にマイナス方向には
強く反応し、いまは含み損がちょっと出始めた状態
です。
未単元で持っていた商船三井は、資金を使いたいことが
あったので、とうとう売却を果たしました。
思えば長いつきあいでした。そのつきあいのほとんどが
含み損状態でございました。それでも売却時、それなりの
利益が出たのは感慨深いものがあったので、郵便定額
に黙ってつっこんでおけば、もっと利息がついたことは
今更ながら水にながしましょう(って全然流してないし)

この夏の相場の混乱で持ち株はみな評価額がおちていく
一方で、私はあえてナンピンしたりもしたんですが
その後も更に下がり続け、傷口を大きくした株もあります。
んが、今、またナンピンに立ち向かうべく資金をかき集め
いざ買おうとした今日、日本株は今年一番の暴騰を
しているようでして、勿論私のナンピンしようとした株も
なんか上がっていっちゃて買い遅れです。持ち株分の含み
損が減っていくんだから悔しがるのは変なんだけど
いつもは暴騰に反応しないくせに、今日に限って反応
するんですもの、笑っちゃうしかないですね。
はははははははははは(乾いた笑い声)
ネットを楽しむ


↓期待の大型MMORG (^^v
ちょっと一休みにどうぞ
楽しむ
上手に利用。ポイントサイト
↓2007年 ポイントサイト第一位のポイントサイトです。


ショッピングするとショッピングポイント+サイトのポイントでお得度倍増。一手間かけて得しよう。楽天やヤフーなどのショッピングモールもあるんだよ
お得なポイント貯まる!ECナビ
↑ここを通すの忘れて楽天でショッピングしたことありorz←アホだ(しかも二回…)。
ここはポイントたまりやすいサイトで、私的オススメサイト

↑ここもポイントがたまりやすい。メールクリックでばんばんためてけろけろです。


↑ここは新しいサイトで評判がよいみたいです


↑最近のCMは面白くなってきてるので、楽しくポイントためることができると思います




フルーツショッピング


↓こちらポイントでなくて「サンプル」がもらえるサイトです。
こそっとランキング
ブログをやってる方へ。
プロフィール

ぼうぼう

Author:ぼうぼう
取引は現物取引だけです。
今は相場はながめているだけです。
長期スタンスゆえ、ほとんど売ったこと
がなくゆえに売り時ってわからんです。


もともとは株日記のブログなのだ。(どこが?orz)

マネポケ金融投資ブログランキング

ブログで報酬稼ぐなら!buzzmo(バズモ)

みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ

アフィリエイト ブログ

ブログでブームはブロモーション

インターネット広告ブログ広告

人気ブログ記事検索 ブログルポ

クチコミ★ブログ


ログスター

カテゴリー
最近の記事
RSSフィード
月別アーカイブ
ブログ内検索
FC2カウンター
最近のコメント
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。